忍者ブログ
怖い話・恐怖・心霊・ホラー・映画・ゲーム・本など紹介!
[16] [14] [15] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6
[PR]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/07/20 (Sun)

『インプラント』 -implant-implant.jpg
2002年 アメリカ
【監督】
ロバート・ハーモン
【製作】
トム・エンゲルマン
【製作総指揮】
 テッド・フィールド 
 スコット・クルーフ 
 デヴィッド・リンド
【脚本】
ブレンダ・ウィリアム・フッド
【出演】
 ローラ・レーガン
 マーク・ブルカス 
 イーサン・エンブリー 
 ジョン・エイブラハムズ 
 ダグマーラ・ドミンスク 
 ジョデル・ミカ・フェルランド 
 ジョナサン・チェリー


「エルム街の悪夢」「スクリーム」シリーズのウェス・クレイヴンが提供するホラー・サスペンス。幼い頃、異常に夜を怖がるという共通の症状を抱えた若者たちが、再び“闇に潜む奴ら"に翻弄され、苦しめられる姿を描く。
 

拍手[0回]



 大学院で心理学を学ぶジュリアは、学位をとるための審査会に向けて論文に取り組んでいた、一方で、救急医療に携わる恋人ポールと幸せな毎日を過ごしていた。

そんな彼女にある日、幼馴染みのビリーからすぐに会いたいという電話が掛かってくる。2人は共に子供の頃、異常なほど夜を怖がるという重い症状を抱えて苦しんでいた。

ジュリアはとうの昔に克服していたが、久々に再会したビリーはすっかり憔悴し手には奇妙な傷ができていた。そして「やつらが戻ってきた。やつらは光を嫌い、闇に生きる」とつぶやいて、ジュリアの目の前で拳銃自殺を遂げてしまう。
その日を境に、ジュリアもまた夜や闇を極度に恐れる症状を再発してしまう。そんな、ジュリアの前に、同じ症状を持つビリーの友人が現れ、ビリーの遺した日記を彼女に見せるのだった……。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< サスペリア■ HOME ■ 怪談 >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ブログ内検索
amazon
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/04)
(03/09)
(03/20)
(03/27)
(04/11)
(04/30)
(05/01)
(06/19)
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]