忍者ブログ
怖い話・恐怖・心霊・ホラー・映画・ゲーム・本など紹介!
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
[PR]
2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/03/09 (Sun)
Aquarius.jpg『アクエリアス』 -Aquarius-
1986年 イタリア
【監督】
ミケーレ・ソアヴィ 
【脚本】
リュー・クーパー
【キャスト】
デヴィッド・ブランドン
バーバラ・クピスティ
ロバート・グリゴロフ
クライン・パーカー
ロリ・パレル
マーティン・フィリップス
リチャード・バークレイ


「B級ホラー映画は怖くない」のジンクスを覆す、本気で怖い一本といってよい。密室、暗闇、見えざる敵、血、女の悲鳴というホラーには欠かせないモチーフがそのまま活かされ、あくまで古典的な手法で怖がらせているところにも共感。

拍手[0回]


廃れた劇場で、実際にあった大量猟奇殺人を元にした劇「ホラー・ミュージカル」のリハーサルをしていた劇団員、主役のアリシア(バーバラ・クピスティ)は1週間後の初日に備え特訓に励んでいたが、足の不調で近くの精神病院に救急患者として駆け込む。だがそこには俳優でもあるバラバラ事件のウォレス(クライン・パーカー)が患者として収容されていた。だがウォレスは看護士を襲い、アリシアの車に便乗し逃走する。

劇団員のスタッフの一人がウォレスによってさつがいされた。衝撃が走る劇団員。だが演出のピーター(デヴィッド・ブランドン)は『この事件はミュージカルの話題を呼ぶ』と急遽初日を3日後に変更し、数名の劇団員を残し、一人の団員に『誰にも分からない場所に隠せ』と唯一出入り出来る扉の鍵を隠すよう命令し、監禁状態で特訓させる。絶叫が反響する劇場に灯った明かりは1人のメンバーを浮かび上がらせた。他の団員は立ち去ろうとするが、出口は固く閉ざされていた。そして脱出不能の彼らに梟の面を被った殺人鬼が忍び寄る。雷鳴が轟く劇場内で、舞台の幕が上がった…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 降霊■ HOME ■ 1303号室 >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ブログ内検索
amazon
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/04)
(03/09)
(03/20)
(03/27)
(04/11)
(04/30)
(05/01)
(06/19)
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]