忍者ブログ
怖い話・恐怖・心霊・ホラー・映画・ゲーム・本など紹介!
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26
[PR]
2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソウ
2014/01/02 (Thu)
『ソウ』 --SAW--
2004年 アメリカ

【監督】
ジェームズ・ワン
【脚本】
リー・ワネル
【製作】
マーク・バーグ
グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
【製作総指揮】
ピーター・ブロック
ジェイソン・コンスタンティン
ステイシー・テストロ
【出演者】
ケイリー・エルウィス
リー・ワネル

most people are so ungrateful to be alive
多くの人間は"生きていること"に感謝しないで生きている。
those who don't appreciate life do not deserve life
生存に感謝しない者は、生存に値しない。
live or die,make your choice.
生か死か、己の意思で選択せよ。



サンダンス映画祭において2004年1月に上映され、低予算ながら視聴者の意表をついて翻弄する技巧的なストーリー展開で好評を博した。



拍手[0回]



目が覚めると、部屋の中央には死体。

対角線上には足を鎖で繋がれた2人の男、ゴードンとアダム。犯人が突如として始めたゲーム。

「君たちは死につつある」
「6時までに相手を殺すか、自分が死ぬか」。

与えられたのは、ジグソウからのメッセージが入ったカセットテープとテープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ、写真。2人は犯人が部屋に残したヒントを手掛かりに脱出しようとする。

一方、謎の猟奇殺人鬼「ジグソウ」を追っていたタップ元刑事。異様な殺人現場に残された手がかりをもとに、ジグソウを追い詰める。



SAW1の続編としてSAW2,3,4,5,6、そして7作目に当たるSAW 3D(邦題ソウ ザ・ファイナル 3D)が制作されている。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 屋敷女■ HOME ■ シャッター >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ブログ内検索
amazon
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/04)
(03/09)
(03/20)
(03/27)
(04/11)
(04/30)
(05/01)
(06/19)
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]