忍者ブログ
怖い話・恐怖・心霊・ホラー・映画・ゲーム・本など紹介!
[PR]
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/07/18 (Sat)
d94322e4.jpg 『ナナシ ノ ゲエム 目』 

【ハード】
ニンテンドーDS

【ジャンル】
ホラーアドベンチャー (15歳以上対象)

【発売日】
2009年8月27日発売予定

【予定価格】
4,800円(税込:5,040円)

【発売元】
スクウェア・エニックス 


前作の「ナナシ ノ ゲエム」の1年後を想定した続編になっている。

「プレイすると一週間後に死んでしまう」と言われている「呪いのゲーム」の謎を解くことを目的とし、ストーリーを進めていくことになる。
本作も前作同様に、2つのモードを交互に切り替えしながらプレイする。
2つのモードというのは、『一人称視点で3D画面を歩き回るモード』と『「呪いのゲーム」をプレイするモード』があり、前作よりも怖い仕上がりとなっている。

拍手[2回]

PR
2009/05/13 (Wed)
nanasi.jpg
 『ナナシ ノ ゲエム 目』 

【ハード】
ニンテンドーDS

【ジャンル】
ホラーアドベンチャー (15歳以上対象)

【発売日】
2008年7月3日発売

【予定価格】
4,800円(税込:5,040円)

【発売元】
スクウェア・エニックス 

スクウェア・エニックスが今夏おくる、本格ホラーアドバンチャー!
3Dグラフィックと3Dサウンドによる視覚・聴覚への恐怖とタッチペンでの直感的操作など新感覚ホラー!
プレイすると一週間以内に死ぬというゲーム。
突然、大学に姿を見せなくなった主人公の先輩。現実世界とゲームの世界を行き来しながら、その謎を解いていく。


拍手[1回]

2008/04/11 (Fri)
vio.jpg『バイオハザード』
1996年 日本
【開発者】
三上真司
【発売元】
カプコン



発売前、直後はそれほど注目されなかったが、口コミでじわじわと売れてミリオンセラーとなった、ゲームソフトとしては珍しい売れ方をしたソフトである。
発売当初は販売店もさほど注目していなかったため入荷数をかなり抑えていたらしく、売り切れ店が続出した。本作のヒットにより、カプコンからは『バイオハザードシリーズ』としてシリーズ化され、他社からもホラーゲームが多数発売されるきっかけとなった。

拍手[0回]

弟切草
2008/03/27 (Thu)

otogiriso.jpg『弟切草』
1992年 日本
【原案】
麻野一哉
【脚本】
長坂秀佳
麻野一哉
山崎 修
都築孝史
【監修】
長坂秀佳
【監督】
中村光一
【発売元】
チュンソフト

 「弟切草」は、'92年にスーパーファミコン用として発売されたサウンドノベルゲーム。小説のように練り込まれたストーリーに、小説にはないサウンドや映像によって、もっと深くドラマを体感できる点や、繰り返しプレイするたびに新しいストーリーが出現するといったゲーム性が好評を博し、多くのファンを獲得した作品。'99年にはプレイステーション用「弟切草 蘇生編」が発売され、実写映画化もされている。
 


コミック・小説・ゲーム(SFC・PS)・映画など、幅広い分野で販売されています。
現在、wii や携帯のアプリでも配信中。

SFC、PSで明かされなかった数々の謎。
その謎がここで解き明かす。
公平は? 奈美は? そして弟切草とは?
ゲームノベル形式で送る驚愕の結末。
「弟切草」監督、麻野一哉が渾身の力を込めて書き上げた珠玉の一冊。 「八百比丘尼の斎(とき)」も発売されています。

 

拍手[0回]

■ HOME ■ 



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ブログ内検索
amazon
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/04)
(03/09)
(03/20)
(03/27)
(04/11)
(04/30)
(05/01)
(06/19)
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]