忍者ブログ
怖い話・恐怖・心霊・ホラー・映画・ゲーム・本など紹介!
[PR]
2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソウ
2014/01/02 (Thu)
『ソウ』 --SAW--
2004年 アメリカ

【監督】
ジェームズ・ワン
【脚本】
リー・ワネル
【製作】
マーク・バーグ
グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
【製作総指揮】
ピーター・ブロック
ジェイソン・コンスタンティン
ステイシー・テストロ
【出演者】
ケイリー・エルウィス
リー・ワネル

most people are so ungrateful to be alive
多くの人間は"生きていること"に感謝しないで生きている。
those who don't appreciate life do not deserve life
生存に感謝しない者は、生存に値しない。
live or die,make your choice.
生か死か、己の意思で選択せよ。



サンダンス映画祭において2004年1月に上映され、低予算ながら視聴者の意表をついて翻弄する技巧的なストーリー展開で好評を博した。



拍手[0回]

PR
2009/11/08 (Sun)

a7d8b5c4.jpg『緋(あか)い記憶』 
  文春文庫

1994年 
【著者】
高橋 克彦
【出版社】
文芸春秋
【価格】
税込420円

第106回直木賞受賞作 表題作他傑作短篇七話

・地図に載っているはずの家を探す『緋い記憶』。
・ページを繰るごとに微妙に事実がねじれていく『ねじれた記憶』。
・洪水の日に消えた少女にまつわる『言えない記憶』。
・郷里でかつての生家を探す『遠い記憶』。
・自身の突然の発病を解く『膚の記憶』。
・かつてロンドンで別れた女性の消息を推理する『霧の記憶』。
・作品全体に仕掛けが組み込まれている『冥い記憶』。

直木賞受賞の傑作ホラー。表題作ほか、選考委員の激賞を受けた「ねじれた記憶」など、粒よりの七篇を収録。痺れるように怖いのに、とてつもなく懐かしい――高橋克彦ならではの独自の世界を満喫できます。

拍手[1回]

■ HOME ■ 



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ブログ内検索
amazon
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/04)
(03/09)
(03/20)
(03/27)
(04/11)
(04/30)
(05/01)
(06/19)
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]