忍者ブログ
怖い話・恐怖・心霊・ホラー・映画・ゲーム・本など紹介!
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [23] [24] [22] [21
[PR]
2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/09/06 (Tue)
『オーメン』  --The Omen-- omen.jpg
1976年 アメリカ
(リメイク版:2006年)

【監督】
リチャード・ドナー
【製作総指揮】
メイス・ニューフェルド
【製作】
ハーヴェイ・バーンハード
【アソシエイト・プロデューサー】
チャールズ・オーム
【脚本】
デイヴィッド・セルツァー
【出演者】
グレゴリー・ペック
リー・レミック
デイヴィッド・ワーナー
ビリー・ホワイトロー
レオ・マッカーン
ハーヴェイ・スティーブンス
パトリック・トラフトン
アンソニー・ニコルズ
マーティン・ベンソン
6月6日6時──。 2人の子供が生まれ、1人が死んだ…… それが「オーメン」の始まりだった。

人類は、ダミアンの最後の遊び相手 06年6月6日 未来が終わる…。


「エクソシスト」に次ぐ大作ホラーとして大ヒット。
不気味なテーマ曲“アヴェ・サンターニ”などJ・ゴールドスミスの音楽はアカデミー賞に輝いた作品!
 この作品は、第4シリーズまで続き、2006年に リメイク版が出ている。
 

拍手[0回]


6月6日午前6時に誕生し、頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。

「666」は新約聖書のヨハネの黙示録において“獣の数字”とされる。

アメリカ人外交官であるロバート・ソーンとキャサリンのソーン夫妻は、ローマの産院にて、死産した我が子の代わりに、同時刻に誕生した母親不明の赤ん坊を引き取り、ダミアンと名づけ我が子同然に育てる。
 

ほどなくして駐英大使に任命され、その後も公私共に順風満帆な生活を送るロバート。しかし、乳母の異常な自殺を境に、ダミアンの周囲で不可解な事故が続発。

疑惑を持ったロバートは調査を開始、ついにダミアンの恐るべき正体を知る。

アメリカ、イギリス・ロンドン、イタリア・ローマ、イスラエル・エルサレムを
舞台に“ 666 ”の数字の刻印を持つ悪魔の子、ダミアンをめぐる物語。

リメイク版よりも オリジナル本編のほうが、迫力がある。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ブログ内検索
amazon
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/04)
(03/09)
(03/20)
(03/27)
(04/11)
(04/30)
(05/01)
(06/19)
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]