忍者ブログ
怖い話・恐怖・心霊・ホラー・映画・ゲーム・本など紹介!
[23] [24] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [14] [15
[PR]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴシカ
2010/03/30 (Tue)
01f5d655.jpg『ゴシカ』  -- GOTHIKA --
2003年 アメリカ

【監督】
マチュー・カソヴィッツ
【製作総指揮】
ドン・カーモディ
スティーヴ・リチャーズ
ゲイリー・アンガー
【製作】
ロバート・ゼメキス
ジョエル・シルバー
スーザン・レヴィン
L・レヴィン
【脚本】
セバスチャン・グティエレス
【出演】
ハル・ベリー
ロバート・ダウニーJr.
ペネロペ・クルス
チャールズ・S・ダットン

身も凍るような殺人。
しかし、それさえも超える恐怖が、陰湿な病棟の中で次々と展開していく。
一度見たら、逃れられない。
21世紀を代表するゴシック・ホラーが、いま、あなたを襲う!

~ひとりではない―死んでも消えない。体の中に棲みつく恐怖。~

拍手[1回]


~ストーリー~

ウッドワード女子刑務所精神科病棟に働く、臨床心理学者ミランダ・グレイ博士は、夫の医師ダグラスの指導のもと、精神を病んだ女囚たちの心理分析と治療を行っていた。

ある日、土砂降りの雨の中、車で帰宅途中のミランダは、道に立っていた少女を目撃。その少女をよけようとして車を大破させてしまった。
ミランダが目覚めたのは、ベッドの上。そこは自分が勤務する精神病棟。何が起きたのかわからないまま、同僚の医師ピートが、驚愕の事実をミランダに告げる!
夫ダグラスが殺され、ミランダが殺人犯として現場で逮捕されたという!

混乱するミランダ・・・。
ふと雨の中で見た少女の姿が浮かぶ。彼女に会えば、何か分かるかもしれない!すると、ミランダの腕に「Not Alone」という血文字が出現する。この血文字は何を意味するのか?

そして、信じられない恐ろしい事実!
少女は4年前に死んでいたのだ。

錯乱したミランダは、精神異常としてクロエたちと同じ病棟の住人となる。
どんなに叫んでも、訴えても、誰も耳を傾けない病棟。


森の中の病棟に潜むのは 死よりも 凄まじい 苦痛
そして 死んでも 消えない 恐怖
一度見たら、もうここから、出られない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ブログ内検索
amazon
スポンサードリンク
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/04)
(03/09)
(03/20)
(03/27)
(04/11)
(04/30)
(05/01)
(06/19)
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]